Q&A

科学編

Q1.雷は夏に多い?

A. 一般的には、夏の7〜9月頃に集中することが多いようです。
ただし、11月〜3月頃に日本海側では冬季雷と呼ばれる、世界にもまれな雷がよく発生します。

Q2.下から空に向かう雷もあるって本当?

A. 雷は必ずしも空から落ちてくるとは限りません。非常に高い建物や木があると、逆に空へ向かって放電する事もあります。
この現象は冬季雷に多く、雲が低いので、高い建物に限らず、このような現象が起こりやすいようです。

Q3.飛行機に落雷しても大丈夫?

A. 飛行機は落雷に遭っても安全な設計が施されています。飛行機の機体は金属で囲まれ、その内部の空間では外部の電気の影響を受けないという特性をもっています。そのため、飛行機に雷が落ちても、雷の電流は金属部分を通して空気中に流れ去ってしまい、機内の乗客は安全です。

Q4.雷の接近は予知できる?

A. 雷発生を検知する機器などがあるので、そのような機器を使用することによって雷の予測は可能です。
AMラジオを聞いている際に落雷があったら、「ガリッ ガリッ」などの音が鳴るので、雷の発生を知ることができます。(FMラジオでは聞こえません。)

Q5.雷は何かに利用することも考えられるの?

A. 雷の電気を貯めることは、現在の技術ではまだ確立できておりません。しかし、雷の電気をまったく有効活用できていない訳ではありません。
雷が多い年は稲などの農作物やキノコがよく育つと言われており、近年では、人工的に雷を模擬した電気を発生させて、キノコを育てる研究も行われています。

Q6.宇宙に雷はあるの?

A. YES 地球以外にも金星や木星など他の惑星で雷が発生している可能性があることが近年分かってきました。また、地球においても、雷雲上空で宇宙に向かって発光するスプライトという現象があります。スプライトとは高度40kmから90kmの範囲に発生する瞬間的な発光現象で、地上付近で発生した雷と連動して発生します。スプライトのほかにも、ブルージェット、エルブスと呼ばれる発光現象があります。