雷ミハリ番

日常・日記

悲しい結末。【りょうの気まぐれブログ】

2017.04.14

とってもいいお天気で、いつもの洗濯だけではもったいないので、シーツやマットも洗いました。

春のあたたかな陽射しのもとで、風になびくシーツを見ていると、心がすーっとして落ち着きます。

 

こんなにいいお天気なのに、なぜか・・・明日、雨や雷の心配があるとのことです。

予報には出ていないそうです。明日、おでかけされる方は雨具などの準備をしてくださいね。

 

 

さて、悲しいニュースの結末が、まさかのまさかで・・・ショックを受けました。

息子ができてから、幼い子供が犠牲になるニュースには特に敏感になって見てしまいます。

 

先月9歳の女の子が遺棄されていた事件の犯人は異常者と報道されていましたが、まさかの子供が同じ学校の保護者だったなんて。

亡くなった女の子はもちろん1番かわいそうですが、逮捕されている人の子供さんがかわいそうで仕方ありません。

 

親も人間でいつもにこにこしていられませんが、やはり子供が悲しむようなことは絶対してはいけません。

 

間違いであってほしいとさえ思います。同じ小学校の子供たちが知ればどんな思いをするでしょう。

 

大人は子供を守らなくてはいけません。

 

悲しい事件、子供が犠牲になるニュース、なくなってほしいです。